スキルと経験のアパレルの仕事

若い芸能人などがオリジナルブランドを立ち上げたりと、華やかに見えるからでしょうか、アパレル業界での仕事を希望する人が増えているようです。けっして給与などの待遇面が良いというわけではないのですが、狭き門となりつつあります。販売員なら求人のチャンスはたくさんあります。百貨店やショッピングセンター、大型の量販店では販売員の求人はたくさん募集されています。未経験者にも採用の門戸を開いています。契約社員や派遣社員からスタートして、正社員に登用されるというケースもあるので、まずは目当てのブランドに潜り込むのが最優先、といったところでしょうか。同じ販売の仕事とは言っても、外資系の高級ブランドなどは派遣社員としての求人でもかなりの倍率になるようです。忙繁期などの期間限定の仕事であっても、能力しだいで、契約を更新されることもあります。人気の海外ブランドの社員を目指す人も、ますは働きながら正社員への登用を目指すというのは一般的なようです。そして、販売員以外の求人はかなり厳しいのも事実です。たとえば、洋服のパターンを作成したりするパタンナーの仕事は技術職ですから、専門学校などでデザインやパターン作成、グレーディングの勉強をしてきた人に対して求人が出されるようです。他業種からの転職を考えられている場合は、経験や知識を要求される仕事なだけに非常に難しいらしいです。求人の条件なども、アパレルのパタンナーの実務経験2年以上とされていたり、パターンを起こす為にCADが使える事などがあげられているので、企業としても経験者の即戦力を期待されています。アパレルの仕事の待遇面は、スキルによって大きく違います。たとえば、販売の経験者が多いのは当たり前ですが、その中でも店長経験者やマネージャー経験がある人は優遇されます。有名ブランドからの引き抜きがかかると、おどろくほどの好待遇で迎えられる事も多いようです。入り易い分、下積みの時期は待遇が悪くても、頑張って経験を重ね、実績を積み重ねることです。実績が重視される仕事ですから、自社、他社に限らず、頑張った分は認めてもらえるやりがいある仕事です。また、自社ブランドの洋服を着て接客と決まっている会社が多く、店内での洋服は最新のシーズンのものを着なければいけないとか、会社によっては店内のスタッフが同じ洋服を来てはいけないとか、完売してしまった商品は着て行ってはいけないなどの決まりもあるようです。もちろん、社員割引で購入できます。値引き率は企業によって違いますが、卸値から更に引いてくれたりする所もあるらしいです。いろんな洋服が着てみたいって思う人にとってはいいかもしれませんが、経費が掛かるということでもあります。お客様と直接接する仕事ですから、お客様への見本ともなります。他の職種にしても、基本的には自社の洋服が好ましいようです。経験やスキルを身に付け、実績を上げることで認められる厳しい世界です。華やかな印象に惑わされず、心からファッションが好きで、興味を持って仕事に打ち込める、地道な下積みを苦にしない人に向いている仕事のようです。